Social worker

ソーシャルワーカーが二人

ソーシャルワーカーが二人来た。女性は、3度来たレナ。男性は、一度ユーゲントアムトで会ったけど、ずっとホリデーでいなかった、ハウザー氏。最初から、何か嫌な雰囲気は漂っていた。ユーゲントアムトは、お手伝いだと押しつけるようにこの二人を送りつけて来たけれど、どうも怪しい。何かのコントロールのような気がしてならない。グーグルで調べたら、結構色々怖い話が出て来た。 どうしたら子供を守れるのかわからないけど、とにかく気をつけよう!!話の端々から、都合のいいところだけを抜き取って、ドイツ人の親に有利な方向に持って行くのが見え見えなので、あまりたくさん話しない事が一番いいのかもしれない。とにかく情報を出しすぎない事がいいかも。

女性を応援してくれる組織

こういうのがあるって知らなかった。 25歳以上の無職の女性たちに、仕事に復帰できるようコーチングしてくれる組織があります。やっとの思いで見つけたので、頑張ります。 今日は、児童相談所から派遣されて、「私を助けてくれる」ソーシャルワーカーのレナがまた来て色々と話しました。今の自分の状況を話したけど、いまいちわかってるのかどうなのか、掴めない感じは続いてる。私に着くとか、元夫に着くとか、そういう事が出来ない立場だからなのかな。言いたいことは言ったけど。