Jugendamt

ソーシャルワーカーが二人

ソーシャルワーカーが二人来た。女性は、3度来たレナ。男性は、一度ユーゲントアムトで会ったけど、ずっとホリデーでいなかった、ハウザー氏。最初から、何か嫌な雰囲気は漂っていた。ユーゲントアムトは、お手伝いだと押しつけるようにこの二人を送りつけて来たけれど、どうも怪しい。何かのコントロールのような気がしてならない。グーグルで調べたら、結構色々怖い話が出て来た。 どうしたら子供を守れるのかわからないけど、とにかく気をつけよう!!話の端々から、都合のいいところだけを抜き取って、ドイツ人の親に有利な方向に持って行くのが見え見えなので、あまりたくさん話しない事が一番いいのかもしれない。とにかく情報を出しすぎない事がいいかも。

ユーゲントアムト

ユーゲントアムトの担当のフラウ・エムとのミーティングで、1時間ほど、話してきた。ずっとお世話になっている人。ただ、今日会って話し始めた時に、微妙に私に対して説教するようなことを言い始めたので、おかしいと思っていろいろ聞いてみたところ、元夫が、ずらずらと私の立場を悪くするようなことを並べ立てて言いまくってたらしい。本当に残念な人。